武道と道具の歴史
「道」と名の付く「武道(剣道・居合道・柔道・剣道など)」の多くは、明治から大正期にかけて確立され、戦うだけの「武術」から、心身の鍛錬を目的とした「武道」として日本社会に広がっていきました。今でも、日本の文化、日本人の心を伝えるための重要な役割を担っております。

尚武堂産業は、その黎明期である明治27年に創業し、これまでの武道の歴史を支えて参りました。今後も、「武道」発展のため、そして「尚武(武をたっとぶ)」の心を大切にして、皆様によりよい武具を提供して参ります。

ページの先頭へ